値引き・割引対策>

モテモテ居酒屋集客研究所

HOME > 総合対策

値引き・割引対策

個人運営の小さな飲食店は、値引きや割引対策に頼った集客をするべきではないと言われます。

安くすればお客様が買って(来て)くれるという理屈は分かりますが、同じ商品を20%引きで売ると40%も、30%引きで売ると実に75%も多く売らないと、同じ粗利高は取れません。

安直に値引きや割引をして疲弊するよりも、お店や商品の価値を正しく伝えて定価で売ることや、新たな付加価値をつけて高く売る方法を考えた方が良いでしょう。

しかし、売上げが悪いから仕方なく値段を下げるのではなく、今よりもさらにお客様を増やすために、意図的に値引きや割引を取り入れる場合もあります。

ここでは、効果的に値引きや割引をするポイントや注意点についてご紹介していきましょう。

値下げの理由を明確にすべし

単純な値引き割引に頼るべからず

値下げと値上げを併用すべし


メルマガ登録

当サイトを運営する「モテモテ居酒屋集客研究所」が発行する無料メールマガジン、「小さな飲食店がモテモテになる方法」では、小さな飲食店が繁盛するために必要な

新規客獲得方法、リピーター対策、メニュー対策、客単価アップ対策
飲食店関連ニュース、販促・メニュー事例、ツールや教材の紹介

などの情報を、週に1~2回の頻度で無料配信していきます。

今なら、読者登録していただいた方、全員に、客単価アップマニュアル「小さな飲食店が、今すぐできるかんたん客単価アップ法33連発!」のダイジェスト版(PDFファイル・A4版21ページ)を無料プレゼント中です。

購読解除も簡単に出来ますので、下のフォームより、お気軽にご登録ください。

メールマガジン登録
メールアドレス
お名前
業種
powered byメール配信CGI acmailer

関連サイト

モテモテ居酒屋の集客ガイド

当サイトを運営する、モテモテ居酒屋集客研究所の公式サイトです。集客サービスの詳細をご覧ください。

FACEBOOKページ

飲食店の集客に関するニュース、居酒屋等の販促、広告事例などを紹介しています。ぜひいいね!をお願いします。

サイト内検索

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

↑ PAGE TOP