色を意識すべし

モテモテ居酒屋集客研究所

HOME > 客単価アップ対策

色を意識すべし

チェーン店の外観


今回は、お店の外観や内装の色のお話しです。

飲食店の看板やロゴに暖色(赤、黄、オレンジ)を使った方が良いのはご存じの通り。

進出して見えるので遠くからでも視認性が高いからです。

試しに大手飲食店チェーンの外観を調べてみたところ、ほとんどが暖色系を使用していました。

また、暖色には食欲増進や時間が早く感じる効果もあるので、チェーン店では客単価や回転率の向上のために、内装にも暖色を取り入れるところが多いそうです。

わずか1%の違いでも何億円もの売上が上下するのですから、議論の余地なく暖色系を使用するという事なのでしょう。

反対に、寒色(青、水色)は、後退色で視認性が低く、体感温度を低く感じさせる、鎮静化するといった効果があるので、食欲が減退します。

飲食店においては、寒色系の看板、内装、什器といったものはなるべく避けた方が良いでしょう。(ちなみに緑、紫は中性色です。)

また、ベージュや茶系の色は、落ち着き、時間がゆったり流れるように感じる効果があるので、ゆっくりと食事を楽しんでいただきたいお店では外せないカラーです。

客単価をきっちり上げたい和食系のお店で、木材を多用するのはこのためで、上手に取り入れるべきです。


気をつけなければならないのは、内装が白っぽいお店や、ガラス、鏡、金属、大理石といった冷たい感じがするものを多用しているお店です。

想像してみて下さい。まるで結婚式場のように店内が白一色のカフェや、全面鏡張りで椅子もテーブルも全て金属と大理石、そんなバーに行ってたくさん飲み食いしたいと思いますか?

何となく緊張してしまって、落ち着かなくなる人がほとんどでしょう。

清潔感がある、カッコ良いといった理由で使いたがる人が多いですが、出来るだけ多くの追加オーダーを取り客単価を上げたい居酒屋ではマイナス以外の何ものでもありません。

私が敬愛するコンサルタントの先生のクライアントで、●●を●●から、●●に変えただけで、客単価が大幅に上昇した実例もあるぐらいですから、色彩の効果は軽視できないものなのです。

運悪くそのような内装にしてしまったお店は、●●や●●、●●を暖色にする、壁に温かみのある●●を飾る、●●や●●を置くなどして、出来るだけ白や無機質な色の分量を減らすように工夫した方が良いでしょう。


また、壁が白っぽいお店の場合、自店の料理の写真を大きく印刷して壁面に貼りだすのも良い方法です。
料理の盛り付けには赤や黄色の付け合わせがしてありますし、食材やソースの色は温かみを感じさせるものです。どんな料理か分かりやすくなり出数が増えるという一石二鳥の効果もあるでしょう。

貼りだす時には、点々と貼っても全体の印象にはあまり影響しませんので、20枚~30枚一か所に集中して連貼りすることをおすすめします。

一度、自店の外観や内装をよくチェックしてみて、暖色を増やすように工夫してみてはいかがでしょうか?

●●についての詳細は、下のマニュアルで解説しています。ご興味がある方はぜひご覧ください。

【小さな飲食店必見】当サイト運営のモテモテ居酒屋集客研究所オリジナル教材

1日20人の来店客があるお店の客単価が200円上がったら、客数は同じでも「毎月10万円」売上げが上がります。そのために有効な33の客単価アップ法を、事例画像を交えて詳しく解説しています。 詳細は下記バナーをクリックしてください!

客単価アップマニュアル


メルマガ登録

当サイトを運営する「モテモテ居酒屋集客研究所」が発行する無料メールマガジン、「小さな飲食店がモテモテになる方法」では、小さな飲食店が繁盛するために必要な

新規客獲得方法、リピーター対策、メニュー対策、客単価アップ対策
飲食店関連ニュース、販促・メニュー事例、ツールや教材の紹介

などの情報を、週に1~2回の頻度で無料配信していきます。

今なら、読者登録していただいた方、全員に、客単価アップマニュアル「小さな飲食店が、今すぐできるかんたん客単価アップ法33連発!」のダイジェスト版(PDFファイル・A4版21ページ)を無料プレゼント中です。

購読解除も簡単に出来ますので、下のフォームより、お気軽にご登録ください。

メールマガジン登録
メールアドレス
お名前
業種
powered byメール配信CGI acmailer

関連サイト

モテモテ居酒屋の集客ガイド

当サイトを運営する、モテモテ居酒屋集客研究所の公式サイトです。集客サービスの詳細をご覧ください。

FACEBOOKページ

飲食店の集客に関するニュース、居酒屋等の販促、広告事例などを紹介しています。ぜひいいね!をお願いします。

サイト内検索

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

↑ PAGE TOP