飲み物のおかわりをおすすめするべし

モテモテ居酒屋集客研究所

HOME > 客単価アップ対策

飲み物のおかわりをおすすめするべし

【小さな飲食店必見】当サイト運営のモテモテ居酒屋集客研究所オリジナル教材

1日20人の来店客があるお店の客単価が200円上がったら、客数は同じでも「毎月10万円」売上げが上がります。そのために有効な33の客単価アップ法を、事例画像を交えて詳しく解説しています。 詳細は下記バナーをクリックしてください!

客単価アップマニュアル


本日のおすすめ料理を、口頭ですすめていない店が多いのと同様、飲み物のおかわりをおすすめしていない店が意外なほど多いですが、これは非常にもったいないことです。

料理のオーダーをとりに行った時、あるいは、灰皿の交換や、空いた皿やグラスを下げる時などに、ついでに「お飲み物のおかわりは大丈夫ですか?」と言えば、確実に一人あたりの注文数を増やすことが出来ます。

注文しようとした時にスタッフがいなかったり、話しに夢中になっていたりして、おかわりのタイミングが遅くなってしまうのはよくあることです。

ジャストタイミングで注文できないために、本来、もう1杯多く飲んでいただけるはずだった機会を逃す場合もあるので、上記のようなタイミングには、気心の知れたお客様だけではなく、全てのお客様に声がけする「決まり」として徹底することが大切です。

このホームページの中で、何度も同じことを言っていますが、「言うのはタダ。」です。アイドルタイムには、お客様の飲み物の減り具合を常に注意しながら、積極的に声をかけさせましょう。

仮に一人あたりの飲み物の注文数が平均2.0杯だったとして、それが2.2杯に上がったらどうなるでしょう。

どんなに小さな店でも、月間2~300人は来店客がいるでしょうから、それだけで40~60杯の売上増です。1杯500円だとすると20000円~30000円ですが、ただ声をかけるだけで、これだけ上がればこんなに良いことはありません。

実感が湧かないと思いますが、0.2杯上げるなど簡単なことですから、試しに1ヶ月全従業員あげて取り組んでみてはいかがでしょう。


メルマガ登録

当サイトを運営する「モテモテ居酒屋集客研究所」が発行する無料メールマガジン、「小さな飲食店がモテモテになる方法」では、小さな飲食店が繁盛するために必要な

新規客獲得方法、リピーター対策、メニュー対策、客単価アップ対策
飲食店関連ニュース、販促・メニュー事例、ツールや教材の紹介

などの情報を、週に1~2回の頻度で無料配信していきます。

今なら、読者登録していただいた方、全員に、客単価アップマニュアル「小さな飲食店が、今すぐできるかんたん客単価アップ法33連発!」のダイジェスト版(PDFファイル・A4版21ページ)を無料プレゼント中です。

購読解除も簡単に出来ますので、下のフォームより、お気軽にご登録ください。

メールマガジン登録
メールアドレス
お名前
業種
powered byメール配信CGI acmailer

関連サイト

モテモテ居酒屋の集客ガイド

当サイトを運営する、モテモテ居酒屋集客研究所の公式サイトです。集客サービスの詳細をご覧ください。

FACEBOOKページ

飲食店の集客に関するニュース、居酒屋等の販促、広告事例などを紹介しています。ぜひいいね!をお願いします。

サイト内検索

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

↑ PAGE TOP