商品サイズを工夫すべし

モテモテ居酒屋集客研究所

HOME > 客単価アップ対策

商品サイズを工夫すべし


ここでいう商品サイズとは、ハーフサイズ、大盛り、1皿あたりの個数や量の事です。

おにぎりの1個販売基本的に同じ商品であれば、いろいろな商品サイズがあった方が売上は上がりますが、作業の手間なども考えると、やみくもに増やす事はできません。

しかし、サイズのパターンが少ないばかりに、販売チャンスをロスする事もありますので、十分に検討して、可能な商品はできるだけ増やすようにしましょう。

例えば食事もので、「おにぎり(2個入り・梅、たらこ)300円」という商品があったとします。〆でちょっとだけ食べたいという時、1個なら食べられるけど、2個は食べられないから我慢するかなんて事は、往々にしてあるものです。

その場合、「おにぎり1個150円(梅・たらこ)とした方が出る確率は高くなるのは当然です。あまり小分け販売すると、手間ばかりかかって売上が上がりにくくなりますが、炒飯などと違っておにぎりの場合は、個数が半分になれば、調理時間もぐっと短くなるのですから、特に問題はないでしょう。

餃子また、「餃子(5個入り・400円)」という商品があった場合、3人グループの時は1人だけ1個になってしまいます。その場合、メニューの横に●●と書いておけば、6個買っていただける可能性が圧倒的に高くなります。

このように作業効率上、特に問題のない商品はなるべくフレキシブルにオーダー出来るようにして、メニューにしっかりと明記しておくことが重要です。

早速、自店のメニューをチェックしてみてはいかがでしょうか?

●●についての詳細は、下のマニュアルで解説しています。ご興味がある方はぜひご覧ください。

【小さな飲食店必見】当サイト運営のモテモテ居酒屋集客研究所オリジナル教材

1日20人の来店客があるお店の客単価が200円上がったら、客数は同じでも「毎月10万円」売上げが上がります。そのために有効な33の客単価アップ法を、事例画像を交えて詳しく解説しています。 詳細は下記バナーをクリックしてください!

客単価アップマニュアル


メルマガ登録

当サイトを運営する「モテモテ居酒屋集客研究所」が発行する無料メールマガジン、「小さな飲食店がモテモテになる方法」では、小さな飲食店が繁盛するために必要な

新規客獲得方法、リピーター対策、メニュー対策、客単価アップ対策
飲食店関連ニュース、販促・メニュー事例、ツールや教材の紹介

などの情報を、週に1~2回の頻度で無料配信していきます。

今なら、読者登録していただいた方、全員に、客単価アップマニュアル「小さな飲食店が、今すぐできるかんたん客単価アップ法33連発!」のダイジェスト版(PDFファイル・A4版21ページ)を無料プレゼント中です。

購読解除も簡単に出来ますので、下のフォームより、お気軽にご登録ください。

メールマガジン登録
メールアドレス
お名前
業種
powered byメール配信CGI acmailer

関連サイト

モテモテ居酒屋の集客ガイド

当サイトを運営する、モテモテ居酒屋集客研究所の公式サイトです。集客サービスの詳細をご覧ください。

FACEBOOKページ

飲食店の集客に関するニュース、居酒屋等の販促、広告事例などを紹介しています。ぜひいいね!をお願いします。

サイト内検索

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

サンプル見出し

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。

↑ PAGE TOP